2011年5月アーカイブ

ヨモギで作る天恵緑汁を仕込んでみました。

福田俊さん著の『有機・無農薬の野菜づくり』に載っていた
『天恵緑汁』を作ってみました。

有機・無農薬の野菜づくり(福田俊著)
【送料無料】有機・無農薬の野菜づくり

天恵緑汁とはヨモギと黒糖でできる『植物活性力剤』
なのだそうです。

「ほんとの野菜は緑が薄い」を読んで…

西村先生と同じことを言っているタイトルだ!と目につき、
去年買った本、『ほんとの野菜は緑が薄い』-河名秀郎・著
ph試験紙で畑の酸度を測る
【送料無料】ほんとの野菜は緑が薄い
えーそうだったの??と何回も驚く事実が書かれてある本。
ただ単に私たちを恐怖に落としいれて、
野菜への意識を強引に変えようとしているのではないので、
なおさら、納得できる内容だと思いました。

畑の酸度を測ってみました。

先日の日記にも書いたんだけど、
畑に植えた苗の状態があまりよろしくないのです。。。
畑の苗たち元気ありません。。。

どうしてだろう?と考えていたら、
この3月に畑を借りた時にまいた石灰の量が間違ってたんです。
一般的に施す石灰の量はこれだけ。
・苦土石灰…1平方メートル当たり100〜200g
うちの借りている畑は25平方メートルなので、
2.5〜5kgほどまけばOKなんですが、
20kgもまいてしまってました。。。。

救いなのは“有機石灰”だったこと。
消石灰と違って効果はゆるやか〜。苦土石灰よりもマシそうです。

だけど、あまりに作物が元気がないので、
もしかしたらアルカリ性に傾いてしまっているのかも?
と思い、畑の土の酸度を測ってみることにしました。

酸度(ph)の測り方はいろいろあるんだけど、
私が選んだのはこれ!
ph試験紙で畑の酸度を測る
PH試験紙です。

西村 和雄先生の自然農に近い有機栽培の本

このブログでも何度も名前を出している西村和雄先生。
私が畑を始めるきっかけとなった貸し農園のマイファームの顧問を
されている方です。

っとそれだけでなく、
もっとたくさんの肩書きを持っておられる方で、
あちらこちらで自然農法に近い有機栽培法を教えられています。
代表的な著書はこの2冊。
マイファーム
【送料無料】スロ-でたのしい有機農業コツの科学
【送料無料】おいしく育てる菜園づくりコツの科学新装版

私はマイファームの西村先生が講師の実践セミナー(チャレンジコース)を
去年の9月から月に1回、今月で計9回ほど参加させてもらってます。

有機・無農薬の野菜づくり(福田俊著)を片手に…

4月に、ショウガと里いもの育て方の本が欲しくて、
「とりあえず色んな野菜の基本の育て方が分かったら良いかな。」
と何も考えずに本屋で取り急ぎ購入したのが、
『有機・無農薬の野菜づくり (福田俊 著)』でした。
有機・無農薬の野菜づくり(福田俊著)
【送料無料】有機・無農薬の野菜づくり

とりあえず買った本だったけど、これ、とても参考になります。
ここ最近、この本を毎日のように開いている私です。

石灰の撒き過ぎたかも?アルカリ性の土かも?

畑の土の状態が良くありません!
苗の育ちがとても悪く、葉の色も悪いし、虫も付きやすい状態。
畑の苗たちが元気ありません。。。

むむむ。。。このままだと夏野菜の収穫良くないかもです。

土が粘土質で、固いからでしょうか?
水はけも悪いし。。。これが良くない土の『単粒構造』ってのかも
しれません。
団粒構造と単粒構造について…

ってことで、良い土にしよう計画(土壌改良計画)を考えます!

ストチュウ・ミックスを作ってみました!

春の害虫対策 ストチュウ
ちらほら青虫やらアブラムシやらの害虫が
元気になってきましたね。

前の農園は山の中の畑だったので、
虫はたくさんいるんですが、
天敵の蜘蛛や天道虫、カマキリもいっぱいで
特に害虫対策をしていなかったんですが、
ある程度の被害はあっても
作物が収穫できないほど酷い状態には
なりませんでした。

が!今回借りた畑はまぁまぁ都会にある
新しい住宅街の一角。。
土の力も弱いなと感じていて、
しかも今の貸農園は
有機栽培専門の畑ではないので、
「管理人さんが害虫にはある程度薬が必要!」と教えて下さる状態で、
けっこう殺虫剤(軽いもの)はみんな使っているのかな?

でも私はそんな市販の殺虫剤に頼らず、
なるべく自然農に近い有機の野菜づくりをやっていこうと
思っているので、科学的な殺虫剤は眼中にないのです。。。

と言っても、うちにだけ害虫が来られても困ります^^;
ってことで、昔から自然農薬として使われているという
『ストチュー』なるものを作ってみようと思います。

畑の苗たち元気ありません。。。

今日(2011年5月19日)の畑の状態。
全体的にあまり良くないのです。。。

トウモロコシです。
家庭菜園(貸し農園)の様子
下の葉は相変わらず黄色いです。。。
全体的になんとなく元気がないような気がします。
なので17日に油粕を撒いたんですが、まだ効果なしです。
(油粕の効果は1週間ほどかかるようです。。西村先生談)
右側の写真の用に葉が切れていて、これは何かの被害?
虫?鳥?と悩んでいたんですが、
これ、先日降った“雹(ひょう)”が当たって、切れたのだそうです!
(今まで見たことないような激しい雹が滋賀県では降ったんです!)

省スペースで枝豆3種育てる方法

NHK 野菜の時間 枝豆栽培方法
NHK 趣味の園芸『やさいの時間』で、
省スペースで枝豆を3種類育てる方法が紹介されていたので、
チェックしました。(2011年5月15日放送)

狭い庭でも、60cmX60cmあれば、
夏のビールのお供に美味しい枝豆が栽培できるんです。

しかも普通スーパーではなかなか手に入りにくい
NHK 野菜の時間 枝豆栽培方法
・一般的な枝豆
・丹波の黒豆で有名な黒豆
・だだ茶豆で有名な茶豆
の3種を楽しめるという栽培方法です。
NHK 野菜の時間 枝豆栽培方法
枝豆は枝豆として食べきれなくて、
収穫が遅れたら、今度は大豆としても収穫できるので
保存食にも役立ちます^^
(これ意外に知らない人多いのです。)

しかもマメ科の植物は畑を肥やしてくれるので、
積極的に栽培したい野菜の一つです!

トウモロコシの葉に白いメッシュ…落花生の種にアリ…

うーん。。。雨が3〜4日間続き、やっと晴れたので、
さっそく畑を見に行ってみたら色々と問題が。。。。

トウモロコシはポットで種から育てて、4/26に定植。
その時にまだ気温が低めだったので、
ポカポカキャップをかぶせてたんです。

すると、端がビニールに当たってしまってたので、
葉が白く変色してました。
トウモロコシの葉が白い
それから17日たって、
20cmぐらいにまで成長したので間引きをしようと苗を見ると。。。

スイートコーン(とうもろこし)の豆知識

夏野菜の植え付け
収穫仕立てのとうもろこしは最高!と去年聞き、
今年は私もとうもろこしを栽培するぞっとどの種にするにかを
選んでいたら、トウモロコシのことを『スイートコーン』と表記されている
とこが多かったんです。

ただ英語で書かれているだけか。。。と思いながら
流していたんだけど、トウモロコシとスイートコーンを区別して
書いてあるところも。

ん?やっぱりトウモロコシとスイートコーンって違いがあるかも??
と思い調べてみたら、なるほど〜解決しました!

種からポット苗を育ててみて思ったこと

夏野菜の植え付け
畑をやり始めた頃から挑戦しようと
思っていたのが、
種から野菜を育てることでした。

苗を買ってきて育てるよりも、
野菜がより可愛く思えるに違いない!と。

で、今年初めてポットで
育苗に挑戦してみました。

“生ゴミ堆肥”ですてきに土づくりを実践しよう!

この春から借りた、
貸し農園の土はどうやらあまり良くないように感じます^^;

野菜の育つ良い土は、
水はけが良くって、保水力があって、保肥力のある
団粒構造ができている土だって言われています。
野菜がぐんぐん育つ良い土の条件

だけど今回の畑の土は、水はけがとても悪くて、
粘土質で、石がゴロゴロしていて、硬く、
表面はすぐに乾いて、石のように固い塊りになって
握ってもなかなか崩れません。。。

これは土づくりに力入れないと、良い野菜は育たないかも?
実際に、GW中に植えたナスの苗の葉が黄色くなってきてるし、
なんとなく山の中にあった前の畑よりみんな元気ありません。。。

これは秋に向けての対策が必要かも知れないなぁって考えてます。

ってことで、今からコツコツ『生ゴミ堆肥』を作ろうかと計画中です。
去年に購入したこの本。

昨年の冬に実行してみたものの、成功した実感がなく、
むむむ。。。と考え込んでいるうちにすっかりやる気を失って、
忘れてしまってました^^;

ラッカセイは有機栽培が良い!(育て方)

NHK趣味の園芸『やさいの時間』で、
ラッカセイは“有機栽培”ととても相性が良いのだと紹介されていました。
NHK 落花生の育て方
それは、ラッカセイの実の成り方にあります。
ラッカセイを漢字にすると『落花生』と書きます。
ラッカセイはこの漢字通り、
『落花生』花が落ちて実が生まれるんです。

野菜がぐんぐん育つ良い土の5つの条件

野菜がぐんぐん育つ良い土ってどんな土なんだろう?
と、この1年ほどいろいろな本を読んだり、調べたり
農学博士の“西村和雄先生”の講座を受けたりとしてきました。
団粒構造の土と単粒構造の土
そんな中から、
「こんな土を目指せば良いのか」と学んだことを
自分なりにまとめてみたいと思います。

丹波黒大豆と落花生の種を直播(じかまき)

ポットで育ててから、
5月の半ばくらいに畑に定植しようかと予定していた、
黒豆の枝豆と落花生。
黒豆・落花生の種まき
どちらも10株ほどづつ植える予定なので、
ポットで育苗するには少し多くて、育苗培土が足りないな。。。と思い、
急遽畑に直播してきました。

直播するにはどちらもまだ少し早いんですが、
種まきしないとダメな状態になっていたんです^^;

プランターにはトマトベリー(グランデ)を植え付け。

畑用の苗を買いに行った時に、ものすごい薦められて、
とても美味しそうだったので買ってしまった『トマトベリー』という
品種のトマトの苗。
トマトベリー栽培
トマトベリーって、テレビでもけっこう紹介されているらしく
すっごい人気の品種なんですね。
私はまったく知りませんでした。

トマトベリーと言えばプチトマトが通常のようですが、
私が買ったのは“グランデ”という種類で、中玉トマトです。
タグに書いてある通り、1.5倍の食べごたえ!に惹かれました^^

トマトベリーの実はなんでもハート型で、
フルーツのように甘くて味が濃いのだそうで、とても楽しみです♪
公式サイトがあります→トマトベリーって何?

夏野菜の植え付けしてきました

夏野菜の植え付け
GW後半になってやっと気温が上がって、
太陽が顔を出してくれるよう天候に恵まれましたね。

ってことで、
もう大丈夫だろうと思い、
夏野菜の植え付けしてきました。

今回植え付けてきたのは、
・プチトマト(接木・アイコ)
・プチトマト(接木・ネネ)
・ナス(接木・庄屋長ナス)
・ナス(接木・やわらか茄子・恋紫)
・ナス(接木・千両・トゲ無し)
・オクラ(2株)
・きゅうり(夏すずみ)
・キャベツ(3株)

コンパニオンプランツとして、
・ネギ
・ニラ
・マリーゴールド

前に定植したスイートコーンも根付いて、
しっかり育ってます。
まだ間引きはしてません。

やっと畑が少しづつ賑やかになりつつあります。

2011年5月 の過去記事

このページの先頭へ