2011年8月アーカイブ

「のらのら」を読んで子ども農業について考えてみる

食農教育『のらのら』という雑誌を見つけました。
パーマカルチャーを目指そう
食農教育 2011年 08月号 [雑誌]

もともと"農""食"の体験学習をすすめる雑誌として
13年ほど前に刊行されていたそうですが、
次回から新装刊されて『のらのら』に生まれ変わるそうです。

私が今回読んだのはこの新装刊『のらのら』の準備号です。
惹かれたのは今期号の"こども農業はじめよう"というタイトルです。

ニンジンを発芽させるための3つのポイント

ニンジンは「発芽させるまでが難しい」と言われている野菜です。
でも、発芽しちゃえばけっこうすくすく育ってくれるので、
種まきのポイントを押さえておけば、比較的簡単に栽培できるので
家庭菜園でもおススメの野菜の一つだと思います^^
ニンジン保存もできますしね~。
ニンジンを発芽させるための3つのポイント

そこで、7月の終わり頃だったかな?に放送された
NHKの趣味の園芸『やさいの時間』で紹介されたニンジンの栽培方法から
発芽させるためのポイントをまとめておこうと思います。
先日うちの畑にもニンジンの種を撒いたので、
その時改めて体験したことなども含めてまとめたいと思います^^

ゴーヤーの実が小さい物しか生らない理由は?

お盆を過ぎて1週間くらい経った頃、ゴーヤーに見切りをつけて終わらせました。
こんな感じで、一見元気そうに見えるのですが、実の生り方が悪かったんですね><

花も良く咲きますし、実の数は結構生ります。
でも、大きくなる前に黄色くなって・・・の繰り返しでした。

7月頃はまだ生っているものが少なかったので、
8月に入ったらどんどん生りだすだろうと思っていたのですが、
お盆に入っても実が大きくならず、数は多いけど、小さいものが生って成長しない・・・
青くもならず、なる前に黄色くなってしまう・・・
そんな状況でした。

全く収穫がなかったわけではなかったのですが、
収穫したものも、満足のいく大きさのものはありませんでしたね。

最後の方は、これくらいのものであればよしとして収穫していました。

種をポットで育ててから畑に植えたのですが、
苗を植えた時から成長するまでさかのぼって考えてみると、
その時の思い当たる状況と反省点はこんな感じです。

※追記!
NHKやさいの時間で、ゴーヤーがうまく育たない理由と正しい育て方が紹介されていたのでまとめました。
そして改めて個人的に調べた結果などを綴ってます。
ゴーヤー栽培-小さい実しかならない理由と正しい育て方

現代人の食生活に警鐘を鳴らす一冊

知人の紹介で、「野草の力をいただいて ~若杉ばあちゃん 食養のおしえ~」という本を読みました。

知人と畑の話をしている時、知人の甥っ子さんが京都の綾部で自然農の畑をやっているという話になって、甥っ子さんは、畑をやるために夫婦でわざわざそこに引っ越したんだそうです。

なんでそんな山奥に引っ越したのか?というと、
それは、上の本の著者、若杉ばあちゃんがいるからなんだそうです。
(この本でも少し紹介されています)

どんな人なんだろう?と思いましたが、タイトルが「野草の力をいただいて」となっている通り、
若杉ばあちゃんは、野草を摘んで料理に使っている「野草料理研究家」なんですね^^
マクロビオティックを学んで、そこからさらに日々の暮らしのなかから実感・共感を通じて独自の食養の考え方を持っています。

後で調べてみたのですが、若杉おばあちゃんは2011年現在で74歳。
補聴器も使っていないですし、言葉もはっきり話されますし、
何より料理教室のために京都から東京まで行かれます。
それだけ元気なんですね^^

こんな感じです。

そんなところから本にも興味を持って読んでみたのですが、
この本は単に、「野草は料理に使えますよ」というのではなく、
現代人の食生活や生活スタイルを根本から見直すことを考えさせる本でした。

自然栽培農家と料理人のコラボイベント、畑のレストランに行ってきました

京丹後の自然栽培農家、青木さんが、個人で企画するイベント、「畑のレストラン」に行ってきました。
このイベントは、畑友さんからお呼ばれして行ったイベントなのですが、
青木さんの畑に囲まれた青空の下で、青木さんが育てた野菜を使って、
欧風ダイニング「クッチーニ」のシェフが、素材の良さを生かした料理を作るという、
素晴らしいイベントでした!

あおき畑

こんな感じで一面畑に囲まれた所にテントを張っただけというロケーション。
写真に写っているのはピーマン畑ですが、草がたくさん生えていることからわかるように、
自然農の畑です。

イベントの様子をビデオカメラで撮っている人がいて、それをyoutubeにアップされていました!

実は青木さんは、私達が自然農を教えてもらっている、西村先生繋がりだったんですね^^
時々西村先生が見に来てくれるそうです。

このレストランは事前予約制だったのですが、
みんなが集まったところで青木さんが畑を案内してくれました^^

このページの先頭へ