畑の苗たち元気ありません。。。

2011年5月20日

今日(2011年5月19日)の畑の状態。
全体的にあまり良くないのです。。。

トウモロコシです。
家庭菜園(貸し農園)の様子
下の葉は相変わらず黄色いです。。。
全体的になんとなく元気がないような気がします。
なので17日に油粕を撒いたんですが、まだ効果なしです。
(油粕の効果は1週間ほどかかるようです。。西村先生談)
右側の写真の用に葉が切れていて、これは何かの被害?
虫?鳥?と悩んでいたんですが、
これ、先日降った“雹(ひょう)”が当たって、切れたのだそうです!
(今まで見たことないような激しい雹が滋賀県では降ったんです!)

そしてキャベツの苗は生長も遅く、レース状態に。。。
家庭菜園(貸し農園)の様子
葉の裏には小さい青虫が1枚につき2〜3匹ついてました。。。
全部手で取って捕殺。
今回は1匹に減ってました。

管理人さん曰く「ある程度薬をしないと害虫はさけれないよ」
とのこと。
うーむ。できるだけ薬まきたくない!
健康的にという理由だけでなく、薬に頼らない野菜づくりがしたいんですよね。。。

とにかくマメに手でとります!
無農薬の野菜づくりの害虫対策「テデトール(手で取ーる)」が一番効果あるのです(笑)

そしてキュウリが!
買ってきたミニきゅうりの苗に“ベト病”らしい症状が。
家庭菜園(貸し農園)の様子
帰ってから調べてみたらやっぱりベト病のような気がする。。。

《きゅうりのベト病とは》
下の葉の表面に黄色の小さい斑点ができてやがて拡大して
多角形の斑へ。
放っておくと上の葉へと病気は広がっていきます。
ベト病の一番の特徴は湿度の高い時には葉の裏に
紫黒色のかびが見られるのだそうです。
斑点細菌病にはカビは見られません。

《ベト病の原因》
多湿で気温が20〜24度くらいの時になりやすい。
やっぱり梅雨時は要注意!
排水が悪かったり、日の高い昼間に水遣りをしていたり、
密生して植えていたりするとかかりやすい病気。
あと、肥料切れをしてもかかりやすいので、追肥の時期をしっかり
見極めること。

《ベト病の対策》
放っておくとどんどん広がるので、発生してしまった場合は
葉ごと切除。切除した葉はその辺に捨ててしまうと
また広がってしまうので、ゴミ袋に入れて持ち帰ること。
とにかく早めに見つけて対処すること。
見つけるのが遅れると、株ごと処理することになります・・・。

※ベト病について調べた情報をまとめてみました。

ナスもず〜っと元気ありませんね。。。
家庭菜園(貸し農園)の様子
下の葉はどんどん黄色くなってきました。
その上“雹”でやっぱり葉が切れてます。

と、書いているだけで凹んできました!(涙)
まだまだ根付いてないのかも知れません。
まだ全然心配ないよーって言ってくれるベテランさんもおられるので、
心配のし過ぎかも?と思うのですが、
心配ですよねーーー!

でも嬉しいこともありました♪
先日心配していた落花生→落花生の種にアリが…
芽がでてましたー!
家庭菜園(貸し農園)の様子
これは感動でした。
正直諦めてたので、ポットに種を撒きなおしたところだったのです(笑)

黒豆の枝豆の芽も出てます。
家庭菜園(貸し農園)の様子

Clip to Evernote Check このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリ:レンタル農園体験談作業日記(2011)

コメントする




« 省スペースで枝豆3種育てる方法 | ホーム | ストチュウ・ミックスを作ってみました! »

このページの先頭へ