ナスが元気なくなった理由

2010年6月29日

この間、家で育てているナスが元気なくなっていて、
葉に点々ができるようになったということを書きました。

どうやらアブラムシがついたことが原因みたいですね^^;
こんな感じでついちゃってます。

アブラムシ

赤丸で囲っているところにアブラムシがいて、一部アップにしました。
結構ついてますよね^^;

前に比べて蟻が多くなった気がしていたので、
いろいろと調べてみると、アリがアブラムシを運んできているらしいということ。
こいつが悪さをしていたんですね。

そしてもう一つ、ナスが元気なくなったのは、植え替えをした後でした。
どうやらナスは、プロの農家の方でも植え替えは難しいそうですね^^;
なんでも、根を切るようなことをしたらすぐ元気がなくなるそうなんです。
根を切らずに運ぶって、難しいですよね^^;
気を付けてやったつもりですが、どうしても細かい部分は切れてしまいますし。

マイファームの農園の近くにある園芸屋さんが、
「剪定する時は、茎が大きくなる前にやらないと、植物に与えるショックが大きい」
ということを言っていましたが、
根っこを切ってしまうことは、ナスにとっては大きなショックなんでしょうね。

一つ勉強になりました^^;

アブラムシを退治するには、牛乳を霧吹きでかけるとよいと聞きます。
酸欠で死ぬそうです。
牛乳が勿体ないけど、やってみようかなあ〜^^;

Clip to Evernote Check このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリ:プランター菜園体験談

コメントする




« ナスの葉の点々は何? | ホーム | ナスの葉の裏が茶色に! »

このページの先頭へ