ストチュウ・ミックスと天恵緑汁の効果

2011年6月17日

少し前の話になるんですが、
"ストチュウ・ミックス"と"天恵緑汁"を作ってみましたと
ここで記事にしました。
ストチュウ・ミックスを作ってみました!
ヨモギで作る天恵緑汁を仕込んでみました。

その結果をまだ書いてなかったのでまとめておこうと思います。

ストチュウ・ミックスの効果

ストチュウ・ミックスの作り方
ストチュウ・ミックスの効果ありました!
ものすごくあったワケではないのだけど、虫の被害が確実に減ったと感じました。

ただ、虫がついてしまってからでは多分効果はほとんどないし、
殺虫できるワケではないってことも感じました。

大切なのはタイミングかも知れません。
虫がつく前にこまめにシュッシュとしておいたから、
全体的に虫の被害が少ないのかなと思います。

でも雨が降ったり止んだり、曇ったりで3~4日畑に行かずに
ストチュウをふりかけていなかったら、虫食いの跡が増えていたりします。
モンシロチョウもキャベツにたくさん卵を産みつけてくれてました。。。
そうなると、やっぱり手で一個一個取り除くのが一番良いと思います。

今、トウモロコシの穂が出始めたので、
「虫がつきやすいから気をつけて!」と畑の管理人さんに言われました。
なので、ふりかけて良いのか悪いのかは分からないんだけど、
ストチュウをふりかけてます。
穂が付き始めて1週間ほどになりますが、目でみる限りはまだ虫はついてません。。。
受粉後までしばらく気をつけたいと思います。

《ストチュウ・ミックスの私の使い方》
200~300倍に薄めて霧吹きで吹き付けてます。
葉の表も裏も、タラタラと液がたれるくらい吹き付けてます。
晴れている日が続くと、なるべく日が差していない時間帯に行って、
気ままにシュッシュと吹き付けてきます。

しばらくこのまま続けたいと思います^^

天恵緑汁の効果

これは、写真撮り忘れたんですが、
私が摘んできたヨモギの量では少な過ぎました!
バケツに8割ぐらいのヨモギの量だと、100miも取れなかったくらい少量。。。

天恵緑汁を仕込んで、通常1週間で液を取るんですが、
雨もあって、10日ほどたってしまってから液を取りました。
でも腐らずにちゃんと発酵はしてくれてました。
腐敗臭はせずに漢方薬のような香りでやや甘めなので、
嫌な匂いでは全くありません。

ヨモギの葉のカスは畑の少し葉の色が悪かったオクラの株元に敷いてきました。
液は300倍くらいに薄めて葉っぱにもかかるように上から撒きました。
私の畑はアリが多いのでアリが来たらどうしよう。。。と思っていましたが、
全く問題ありませんでした!

で、効果なんですが、少なすぎて全く分かりません^^;
でも、なんとなく良さそうな感じがするので、
来年は3月からヨモギを摘み集めて、作れるだけたくさん作りたいなと思いました。
うどんこ病に効くというスギナ汁も一緒に、来年は仕込みます!


どちらもハッキリと分かりやすい効果ではなかったんですが、
やらないよりは確実にマシかもと思えたので、
引き続き続けたいと思います。
アブラムシにいたっては今は全くいません!
前は少しですがいました。

そしてヨモギは六月の半ばにもなるとどこを見ても立派に育ちすぎているので、
また来年の新芽を待ちます。

他にも身の回りのもので簡単にできる液肥や肥料、堆肥なんかあれば
また挑戦していきたいと思います♪

Clip to Evernote Check このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリ:畑の豆知識手作り肥料・堆肥

コメントする




« 究極のチャイレシピを作りたい~2~ | ホーム | トウモロコシを食害するアワノメイガ »

このページの先頭へ