畑の酸度を測ってみました。

2011年5月23日

先日の日記にも書いたんだけど、
畑に植えた苗の状態があまりよろしくないのです。。。
畑の苗たち元気ありません。。。

どうしてだろう?と考えていたら、
この3月に畑を借りた時にまいた石灰の量が間違ってたんです。
一般的に施す石灰の量はこれだけ。
・苦土石灰…1平方メートル当たり100〜200g
うちの借りている畑は25平方メートルなので、
2.5〜5kgほどまけばOKなんですが、
20kgもまいてしまってました。。。。

救いなのは“有機石灰”だったこと。
消石灰と違って効果はゆるやか〜。苦土石灰よりもマシそうです。

だけど、あまりに作物が元気がないので、
もしかしたらアルカリ性に傾いてしまっているのかも?
と思い、畑の土の酸度を測ってみることにしました。

酸度(ph)の測り方はいろいろあるんだけど、
私が選んだのはこれ!
ph試験紙で畑の酸度を測る
PH試験紙です。

酸度を測る

●準備するもの
・畑の土(20g)
・ph試験紙
・水(50cc・できればピュア水、なければ水道水でもOK)
・紙コップ(できれば透明のが良いかも…)
・かき混ぜる棒(割り箸でOK)
・ピンセット(あれば…)

    ●酸度の測り方
  1. ・紙コップに畑の土20gと水50ccを入れて、3分ほどかけてよ〜く混ぜ合せる。
  2. ph試験紙で畑の酸度を測る
  3. しっかり混ぜたら、今度はそのまま3〜5分ほど置いておきます。重たい土が下に落ちて落ち着くのを待ちます。
     (重たい土が沈殿したのが分かりやすいように透明のコップの方がおススメ!私は紙コップですが!笑)
  4. 上澄みにピンセットで挟んだph試験紙をちょんとつけて、
    ph試験紙で畑の酸度を測る
    すばやく色味表で照らし合わせて、酸度を測ります。
ph試験紙で畑の酸度を測る
↑写真ではph8に見えるんだけど、実際はph7ぐらいか6〜7の間の色でした。


●結果!
アルカリ性に傾いてはいませんでした!中性です。


ホッとしました。
ほとんどの野菜が弱酸性〜中性を好みます。
なので、ph6〜7の間が程好いのだそうです。

アルカリに傾いてしまっていたらどうしようかと対策を色々と調べて
いたので、力が抜けました。
良かったです。

でも、なぜ作物の育ち具合あまり良くないのでしょう?
粘土質なのが問題なのかな?
堆肥は一般的な量を施したけど、肥料は少しめにしたのが
問題あったのかな?
今使っている肥料は購入したEMぼかし肥料で、
1年ほど前に購入して、ちょっとカビっぽくなっているところも
あるのが問題なのかな?

色々考えられますね。。。
一番の問題は多分、土が粘土質でまだ単粒構造だからなのかなとは
思います。根が育ちにくいから葉も伸びないのかなって。

作物を植えたまま、粘土質な土の改善はできるのでしょうか?
まだまだ修行が足りません^^;

Clip to Evernote Check このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリ:畑の豆知識土作り

コメントする




« 西村 和雄先生の自然農に近い有機栽培の本 | ホーム | 「ほんとの野菜は緑が薄い」を読んで… »

このページの先頭へ