ミニトマトをどっさり実らせて長く収穫できる栽培法

2011年4月 3日

ミニトマトの収穫数をアップさせて、8月いっぱいで終わる収穫期間を
長く延ばすことができるという栽培方法は、
『2本仕立て』という方法。
プチトマトの育て方
通常ミニトマトを育てる方法は、
わき芽を取って、主枝(しゅし)を伸ばしていく『1本仕立て』の方法で
育てていくのが一般的ですよね。
プチトマトの育て方
でも、これよりたくさんの実を実らせてくれるのが、2本仕立て!
なんだそうです。

プチトマトの苗の選び方

まずは苗選びがやっぱり大切!

    プチトマトの育て方
  • つぼみがついている苗

  • プチトマトの育て方
  • 双葉がしっかり残っている苗

  • プチトマトの育て方
  • 鉢底を見て、白い根っこが見えてる苗

あとは、ひょひょろしていないかとか、葉っぱが枯れていないかなどの
点を注意して選びましょう!

ミニトマトをどっさり実らせて長く収穫できる栽培法のポイント

●ポイント1
 堆肥は溝を掘って施す『溝施肥法(みぞせひほう)』という方法で!

 溝施肥法とは、その名の通り溝を畝の真ん中に長く掘って、
 そこに堆肥を施します。
プチトマトの育て方
 深さは20cmほどで!
 堆肥は完熟牛糞と、化成肥料と説明されてましたが、
 私は化成肥料使わないので、ぼかし肥料を入れる予定です^^

 こうやって、少し深いところに堆肥を入れておくと、
 根の成長が良くなって、じっくり堆肥が効いてくるので、長く収穫が楽しめる
 ようになるのだそうです。
プチトマトの育て方

●ポイント2
 堆肥の量は通常の2倍で!
 通常は8月で収穫を終えるミニトマトだけど、
 9月中も収穫を楽しむために、堆肥の量も2倍に!

 ・完熟牛ふん1平方メートルあたり8kg
 ・化成肥料1平方メートルあたり100g


●ポイント3
プチトマトの育て方
 2本立てで育てる!
 2本立てとは、主枝だけでなく、わき芽も1本育てる方法で、
 収穫量は1.5倍になるのだそうです。


ミニトマトの植付け手順

1:「ポイント1」の要領で、堆肥を施します。
2:畝を立てる。
プチトマトの育て方
 畝幅60cmで長さ2m、株間は45〜50cmほどの畝で、
 ミニトマトの苗を4株ほど植えれます。
プチトマトの育て方
 この後に、黒マルチをかけるので、最後に表面を
 板や長いパイプのようなもので、平らにしておきましょう。

3:黒マルチをかける。
 なるべくピーンと張るように敷く。
プチトマトの育て方
4:苗を植える。
 株間が45〜50cmほどになるように測り、
 黒マルチに指で穴を開けて印を打ちます。
プチトマトの育て方
 指で穴を空けたところを、今度はスコップでペケを描くように
 ビニールに穴を開けます。

 そこに手を当てながら水をたっぷり入れて、水が引くのを待ちます。
プチトマトの育て方
 根元を傷めないように指で株元を挟みながら、苗を逆さまにして
 カップから苗を外します。

 穴に苗を入れて、しっかり押さえます。

5:小さな支柱と大きな支柱を立てる。

 植付けした苗に、小さな支柱を斜めにさして麻ひもなどで結びます。
プチトマトの育て方
 苗を挟むように大きくなった時を想定して支柱を立てます。
プチトマトの育て方

栽培中の注意点

  1. わき芽かきを1週間に1回
  2. 誘引を1週間に1回程度
  3. 追肥は2週間に1回
  4. 追肥と共に土寄せを2週間に1回

    1. 去年、プチトマトを初めてプランターで育ててみたんですが、
      プチトマトは初心者でもしっかり収穫できました♪
      だけど、誘引の仕方や、どこまで成長するのかも知らなかったので、
      支柱の長さが足りなくなり、長いのに立て変えようとしたら、
      苗をポッキリ折ってしまったりして、結局全体的の収穫は少なかったです。。。

      今年は畑で、育ててみようかと思ってるので、
      またレポートしたいと思います。

Clip to Evernote Check このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリ:TVで紹介された畑情報NHK趣味の園藝

コメントする




« 種から育てる野菜-苗づくりの手順 | ホーム | ショウガの育て方・栽培方法 »

このページの先頭へ