石灰の撒き過ぎたかも?アルカリ性の土かも?

2011年5月21日

畑の土の状態が良くありません!
苗の育ちがとても悪く、葉の色も悪いし、虫も付きやすい状態。
畑の苗たちが元気ありません。。。

むむむ。。。このままだと夏野菜の収穫良くないかもです。

土が粘土質で、固いからでしょうか?
水はけも悪いし。。。これが良くない土の『単粒構造』ってのかも
しれません。
団粒構造と単粒構造について…

ってことで、良い土にしよう計画(土壌改良計画)を考えます!

問題点を考える

まずは土づくりを振り返ってみる
貸し農園を借りて、土を起こした時に、
何を入れたのか。。。ってところから考えてみたら、
そこで「しまった!!!!」ってことに気づきました。
この段階で取り返しのつかないことをしてしまってました。

有機石灰をものすごく入れすぎてしまってる!!!

今回借りた畑は約25平方メートル。
基本的な土づくりだと
・苦土石灰…1平方メートル当たり100〜200g

うちの畑だと多くても2.5〜5kgほどの苦土石灰をまけばOKなのに、
20kgまいてしまってたんです。
何も考えずにザバザバ入れてしまいました。
ただ、救いなのが撒いたのは“有機石灰”だったってこと。

有機石灰は牡蠣殻石灰や貝化石などで、
効果がゆっくりと緩やかなので、アルカリに傾くことも少いようです。
石灰、生石灰、消石灰、苦土石灰、有機石灰の違いについて

それでも20kgは撒きすぎですよね。。。

そしてもう一つ。
苦土石灰を撒く時は、有機堆肥と一緒にまかない方が良いのだけど、
「有機石灰の場合は一緒でも大丈夫!」
と、借りている畑の管理人さんに聞き、一緒にまいて耕しました。。。
これも問題あったのかな?

問題点は2つ!
・有機石灰を25平方メートルに20kgもまいてしまった。
・有機石灰と一緒に牛ふん堆肥も施肥してしまった。

これかな?わかりません。。。

もしこのせいで苗の調子が良くないのだとすれば、
土はアルカリ性に傾いてしまっているからなのかな?

まったく分かりません^^;
ってことで、まずは土の酸度を測ることから始めるのが
良いのかもしれないと思います。

土の酸度を測るには…

土の酸度を測る物を調べていたら、3種類あることが分かりました。

《酸度計の種類》
1:酸度計
 下のような機器を使って、土に刺して酸度を測る。
 一番一般的に使われていて、
 酸度計にも色々種類があります。
 とても手軽で扱いやすいのがメリットだけど、
 刺し具合によって数値がいまいち安定しないというデメリットが
 あるようです。


 酸度計のデジタル

2:ph測定液
 一番安い価格で測れます。
 ホームセンターなどでも手軽に手に入るようです。
 ただ少し手間がかかってしまうので、面倒だという声も。
 あと、数値の確かさを確認したレビューが見当たらなかったので、
 その辺がどうなのかは分かりません。。。

3:ph試験紙
 これは紙を使って土の酸度を測ります。
 理科の実験で使ったリトマス試験紙のような感じです。
 土に刺して使う酸度計よりも正確に測れるとレビューされている方が
 いました。
 価格が安いところもおススメ。

色々調べた結果、私はph試験紙を使って、
畑の酸度を測ってみようと決めました!
さっそく楽天で注文!^^

もし、アルカリに傾き過ぎてしまっていたら、
対策を考えないと!

Clip to Evernote Check このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリ:レンタル農園体験談作業日記(2011)

コメントする




« ストチュウ・ミックスを作ってみました! | ホーム | 有機・無農薬の野菜づくり(福田俊著)を片手に… »

このページの先頭へ