雑草マルチを敷いてみました

2010年7月 9日

マルチってご存知でしょうか?
畑の土の上に敷いている黒いビニールみたいなやつです。

何のためにやるのか?というと、雑草対策だったり、保温対策、保水対策などのためですね。

レンタル農園でもみんな結構やってるんですよ。
週1くらいしかこなくても、いろいろ勉強してるんですね^^

それを私もやろうと思ったわけです。
なぜかというと、この間苗を植えて1週間ぶりに行ってみると、
最近雨ばかりだったというのに、土がカレカレな感じだったんですよね^^;
トマトも枯れかけてやばい状態でした^^;

これではいかんと、マルチを張ろうと思ったのですが、
管理人のおばあちゃんによると、ビニールのマルチを張ると、
追肥が大変だからやらない方がよいとのこと。

なるほど、そういうデメリットがあるのかと勉強になりました。
じゃあ、保水対策はどうするのかというと、こういう風にしました。

雑草マルチ

雑草マルチです。
畑の周りに生えている雑草を刈ってきて、畝の上に敷いているんですね。

通常、雑草マルチはある程度伸ばして生えている状態にするらしいですが、
私の場合は苗の根っこ近くに敷いています。

ひとまずそうすることで保水性も保ち、追肥の時は簡単にどかせますしね^^

さあ、次行く時はどうなっているか、楽しみです^^

Clip to Evernote Check このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリ:マイファーム体験談・作業日記

コメントする




« ナスの葉の裏が茶色に! | ホーム | 雑草マルチの効果は? »

このページの先頭へ