バジル が成長したらやっぱり ジェノベーゼソース !

2010年8月 5日

いつもはうちの主人がこのブログを更新していますが、
今日は嫁の私が乱入して、レシピをご紹介したいと思います♪

自分で畑をやり始めると、育てることばかりに必死になり気味ですが、
育てた野菜をしっかり無駄なく料理して食べてあげることも大切ですよね^^
ってことで、採れた野菜を使って作った料理レシピも
たま〜に書いていきたいと思います♪

家庭菜園や、マイファームで自家栽培するついこの間まで、
私にとって“バジル”は高価なものでしたが、
自分で育てると、グングン成長してくれるので、
今度は調理するのが追いつかないくらいなのです^^;

なので、スーパーで購入して作るには贅沢になってしまう
バジルをたくさん使う『ジェノベーゼ』ソースのパスタを作ることにしました♪
ジェノベーゼ パスタ
このパスタソースは松の実を使うのでその香ばしさと、
バジルの爽やかさとチーズのコク、そしてオリーブオイルの香りとが
絶妙なバランスで、すっごく美味しいんですよ♪

今回は少し前に、
『はなまるマーケット』で、あの有名店“ラ・ベットラ”のオーナーシェフの
“落合務”シェフが紹介していた、バジルソース(ジェノベーゼソース)の
レシピで作ってみました♪

《ジェノベーゼソース(バジルソース) レシピ》
●材料(作りやすい量)
・バジル・・・50g
・松の実・・・50g
・パルメザンチーズ・・・50g
 (なければ粉チーズで代用)
・ニンニク・・・小1片
・塩・・・小さじ1
・オリーブ油・・・1/2カップ

●作り方
1:下準備
 ニンニクは粗みじん切りにする。
 バジルはさっと水で洗い、よく水気を拭き取り、 茎の固い部分は取り除く。

2:フードプロセッサーに、粗みじんしたニンニク、松の実・パルメザンチーズ・
 オリーブ油・塩・バジルを 入れ、40〜50秒かくはんする。

これだけで出来上がり♪

《ジェノベーゼパスタの作り方》
●材料…2人分
・ジェノベーゼソース…大さじ3程度(2人分)
・パスタ…180g
 (本当は少し楕円形の“リングイネ”という種類のパスタが合うようですよ^^)
・パルメザンチーズ…お好み
・オリーブ油…適量

※お好みで
・にんにく(みじん切り)…1編

●作り方
1:パスタをゆで始める。
  (水に対して1%の塩を入れたお湯)

2:にんにく好きな方は、
  オリーブ油とにんにくのみじん切りをフライパン入れて、
  弱火にかけてじっくり火を通し、香りを出す。

3:ジェノベーゼソース、
 パスタのゆで汁(だいたい大匙2程度)を加える。

4:茹で上がったパスタを軽く水気をとって加えて、
 ソースと和える。
 
 ※ソースがボソボソして水分が足りないな。。と感じたら、
  ゆで汁を加えるか、塩っけがキツイようなら水を加える。
  この時、入れすぎないように注意!

 ※逆に水分が多いようなら、オリーブ油を加えて、
  強火で水分を飛ばすように仕上げる。

5:器に盛って、チーズをお好みでかけて出来上がり♪
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

オリーブ油は、エクストラバージンオイルがオススメ!

できた“ジェノベーゼソース”は、
保存容器に入れて、ラップで押さえて空気が入らないようにして
蓋をして空気になるべく触れないようにして、
冷蔵庫で1週間〜10日ほどもちます^^

はなまるマーケットでは落合シェフは、
このジェノベーゼソースとニョッキを和えてました。
詳しくはこちら→万能バジルソースのニョッキ

Clip to Evernote Check このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリ:収穫野菜の活用法春夏野菜 レシピ

コメントする




« 剪定は難しい・・ | ホーム | キュウリがうどんこ病に? »

このページの先頭へ