害虫・害獣対策の最近のブログ記事

ゴーヤーに穴をあける虫の正体はウリノメイガ

穴あきゴーヤー

9月に入ってから、プランターのゴーヤーに穴が開くようになりました。
せっかく大きくなっても、穴があいててがっかり。。
一応、中を確認して大丈夫そうなら食べるのですが^^;

でも、穴があくゴーヤーは、すぐに枯れて黄色くなったり、小さいのに穴が開いたものは成長が止まります。

そして、こういう黒いフンが落ちているんですよね。

ゴーヤー 虫の糞

何の虫だろうなあ?と思って、色々調べてみました。

茄子の害虫被害。。。テントウムシダマシ対策にニームを!

8月に入ってから茄子の「テントウムシダマシ」の被害が酷くなり、収穫ほぼないまま「更新剪定」をしました。

※茄子の更新剪定とは...

見るに可愛そうな状態でしたが、8月中旬になって新芽も少しづつ伸びてきました。が!
テントウムシダマシの勢いはまだ止まりません!ってことで何かと対策に良い方法はないかと色々調べてみました。
テントウムシダマシ被害

※テントウムシダマシについてはこちらに書きました!
テントウムシダマシの勢いがスゴイ!

結果、ニームに効果があるようなので調べてみたらスプレーが売られていたので購入!!
ニームスプレー試してみました。

茄子の害虫被害。。。テントウムシダマシの勢いがスゴイ!

8月に入ってすぐあたりから茄子が全く元気なくなりました。。。
7月中は去年に比べて実の成りが良く、多く収穫できたので喜んでいたので残念です。。(。-_-。)

うちの茄子を可愛そうな状態にした犯人は『テントウムシダマシ』です。
去年もやられましたが、今年はもっと酷い状態です。
テントウムシダマシ被害

カブの害虫の正体はダイコンハルサムシ

この秋、とても調子の良かったうちの畑ですが、
野菜が育ってきて防虫ネットがそろそろ狭そうに感じたので
外して1週間。。。やっぱり葉に虫食い穴が目だってきました。

今日は朝からじっくり腰を据えて、畑で野菜の観察(?)をしつつ
ストチュー・ミックスを霧吹きでシュッシュしていたら、
カブの葉に虫食い穴が目立つな。。。とよ~く見てみると、
1~3mmほどの小さい黒い虫が!
しかもよく見ていると2種類!
↓テカッと光ってる黒い虫と、ゲジゲジの黒い虫です。
白菜・小カブ・水菜の害虫
あまりに小さくて葉についてる状態の写真が撮れませんでした。。
これは取り除いて、容器に集めた写真です。

農薬に頼るお隣さん

最近、うちの借りている市民農園の畑で、
周りの人は、育てている葉物や大根の上から
白い粉を撒くんです。

野菜を頂いたり色々お世話にもなっているお隣のおじいさんもその一人。

最初は、石灰か何かかな?と思っていたのですが、どうやら農薬のよう。
農園中で虫が結構発生しているみたいなんですね。
(幸い、私達の畑は無農薬なのにそんなおどろくほどの虫はいません^^)

「これ何ですか?」

と聞いた時は「白い粉」と答えて、何の農薬かまではわからないんだそうで^^;
しかも今日、別の人に「白い粉持ってない?」と言われました。
農園中で、農薬を使っている人は結構多いようです。

皆が「白い粉」と言っているのは、おそらく管理人さんがそう教えているからだと思いますが、

「少しなら大した影響がないから大丈夫」

と教えてくれました^^;
なので、皆そういうものだと思って、多少使うことを前提に撒くのだと思います。

でも、有機農法や自然農法を勉強して、先生や先輩方に畑を見せてもらったり、
野菜を頂いたりすると、やっぱり違いはあります^^;

サトイモの害虫、セスジスズメとハスモンヨトウ

あと1ヶ月くらいで里芋が収穫できます。

里芋の葉は蓮の葉のように水を跳ね返すほど硬いので、
最初の頃は虫も見当たらなかったのですが、最近は虫を見るようになりました^^;

今のところ見つけた虫は2種類。
セスジスズメハスモンヨトウです。

ナスの葉や実を食害する害虫、テントウムシダマシ

今年のうちの畑は、なぜかナスだけ調子が悪いんです。
ある時から全然成長しないんですね。

上の写真が一番成長の遅いナスです><

あまりに調子が悪いので、油かすやぼかし肥をあげるのはもちろん、
敷き藁もきっちり敷きつめて、過保護に育てています^^;
それでも、こんな状態だったんですね。

病気なのかな~とずっと思っていたのですが、理由がわかりました!
それはある虫のせいだったんです><

トウモロコシを食害するアワノメイガ

トウモロコシを収穫しました!
でも、8割くらいは虫にやられました><

こんな感じで、穴をあけて中に侵入しているんですね。

なので今年は勉強として、来年に繋げるつもりで、
原因の虫がどんな生態なのか、写真を細かくとって追跡しました(≧▽≦)

虫にやられたトウモロコシの中を見ると、こんな感じです。

中は腐ったような感じになっているので、その部分はもう食べることはできません。
その部分だけ切れば、あとは何とか食べれます><

成長のことを考えて、1本に1個しかならないようにしているのですが、
それがやられるとつらいですね^^;

そしてその原因を作ったのは、アワノメイガという虫です。

ストチュウ・ミックスを作ってみました!

春の害虫対策 ストチュウ
ちらほら青虫やらアブラムシやらの害虫が
元気になってきましたね。

前の農園は山の中の畑だったので、
虫はたくさんいるんですが、
天敵の蜘蛛や天道虫、カマキリもいっぱいで
特に害虫対策をしていなかったんですが、
ある程度の被害はあっても
作物が収穫できないほど酷い状態には
なりませんでした。

が!今回借りた畑はまぁまぁ都会にある
新しい住宅街の一角。。
土の力も弱いなと感じていて、
しかも今の貸農園は
有機栽培専門の畑ではないので、
「管理人さんが害虫にはある程度薬が必要!」と教えて下さる状態で、
けっこう殺虫剤(軽いもの)はみんな使っているのかな?

でも私はそんな市販の殺虫剤に頼らず、
なるべく自然農に近い有機の野菜づくりをやっていこうと
思っているので、科学的な殺虫剤は眼中にないのです。。。

と言っても、うちにだけ害虫が来られても困ります^^;
ってことで、昔から自然農薬として使われているという
『ストチュー』なるものを作ってみようと思います。

バジルにつく黒い物体の正体とその解決法

バジルに黒い点々がつくことがありますよね^^
指ではらうと落ちるので、何かの卵かなあ?と思っている方もいるようですが、
これは、ある虫のフンなんです。

バジルの黒い点々

プランターのバジルに最近これが増えてきたので、原因の虫を探したのですが、
この時期になって育ってくると葉が多くなっているので
全て見るには時間がかかってしまい、なかなか見つけられないんですよね^^;

そこでこの虫の情報を調べてみました。
そしてその後に虫を探しにいったら、探し方のコツがわかり、
10分くらいの間に15匹くらい見つけることができました!
何日も探して1匹見つけるので大変だったのに、結構いたんですね〜><

なので今回はその虫の情報と探し方のコツを紹介します。

このページの先頭へ