ゴーヤーの摘心のやり方
去年までは畑で育てていたゴーヤー。
今年プランターで育てています。プランターでは初挑戦!

ゴーヤー、上手に育てているのをテレビやなんかでみますが、畑でもなかなかたくさん実らせるのは難しかったんですよね。
あ、でも畑のベテランおばあちゃんは、さすが!ってほど実らせていましたが。。。
やっぱりちょっとしたポイントがあるんですよね。

ってことで今年こそ成功させたいゴーヤー栽培。
去年失敗した原因と、正しいやり方をまとめたこちらを参考に、頑張りたいと思います♪
ゴーヤー栽培-小さい実しかならない理由と正しい育て方

そこでは、ゴーヤーを育てる途中で摘心する必要があると書きましたが、先日ゴーヤーを植付けをして、10日ぐらいで摘心しましたのでやり方を紹介します。

ゴーヤーの摘心のやり方

小玉スイカの摘心のやり方とほぼ一緒です。

『摘心』とは…

まずは「摘心」のおさらい。

ゴーヤーの本葉がだいたい5~6枚になったら、ツルの先端を切ってしまうんです。
これを「摘心」といいます。

摘心の目的は、主枝(親づる)の先端をカットすることで、そこからそれ以上成長させないようにするためです。

こうして摘心すると、植物は違うところから芽を伸ばそうとします。
そうやって出てくる芽を『わき芽(子づる)』といいます。

ゴーヤーは、この「わき芽」を伸ばすことで横広がりになります。

まずは、本葉が5~6枚になったところで先端をカット。

ゴーヤー 摘心

するとこんな感じに子づるをのばして…
ゴーヤー 子ずる

緑のカーテンと言われるように葉がわっさわさになるんです。
ゴーヤー グリーンカーテン"

注意したいのは、ゴーヤーの葉っぱの種類↓

ゴーヤー 初生葉 本葉

初生葉とは、ゴーヤー特有の葉っぱで、双葉(種から最初にでる葉っぱ)の上に付く葉のことです。

初生葉が育って、その次に付く葉が本葉になります。
初生葉と本葉は形が違うのがわかりますよね^^

5~6枚残して摘心、というのは本葉の数のこと。
初生葉と双葉は含みませんのでご注意。
双葉 初生葉 本葉

※NHKの野菜の時間で深町先生が紹介されていた内容です。

ゴーヤーの摘心、実際にしました

ゴーヤーの摘心のやり方
下の初生葉は数に入れず、本葉を6枚残して、切りました!

ここはいっつもドキドキする作業です。
ツルが育ち過ぎる前に切らないと、苗に与えるダメージはどんどん大きくなってしまうので、なるべく早く摘心するのがおススメです。

摘心後のゴーヤーの育て方のポイント

葉を茂らせることに集中すべし!

グリーンカーテンとして育てたい場合は、背丈1mぐらいまでは、葉っぱを育てることに集中させます。
1mになる前に出てきた雌花は、摘んでしまいます。

グリーカーテン

雌花ってどれ?

雌花は、下に小さなゴーヤーが付いてます↓
ゴーヤー 雌花

赤ちゃんゴーヤーみたいでカワイイのですが、こういった花はしばらく取ってしまうんです。(心苦しいーーー(´・_・`))

逆に、花だけの雄花は放っておいてOK。

で、1mを越した辺りからやっと株も成熟してきます。
それくらいになると、実をつけてもよい頃に入ります。

ここからは雌花を摘み取るのを止めます。

虫が少ない環境なら人口受粉を!

高層マンションや、街中で育てているのなら、授粉を助けてくれる虫が少ないかと思います。
雌花はあるのに大きくならない場合は、虫が少ないんですね。

そんなときは、人工授粉をおススメします。

私は畑で育てている時でも、受粉をしてくれる虫が少ないのかも?と思うほどでしたので、”人工授粉”はゴーヤー栽培のポイントになるのでは?と思っています。

※参考にできるサイトがありますのでこちらもどうぞ
ゴーヤに人工受粉しました

実がなったら、最初は小さいうちに収穫

受粉が成功して、実が徐々にに膨らんできたら、最初の方は実がまだ小さいうちに収穫しておきます。

最初のうちは、ゴーヤーの株の育ち具合が、実を大きくするにはまだまだ力不足。
ここで大きくなるまで待つと、株の成長よりも身を大きくするのを優先してしまうので、株全体が疲れてしまうのです。

なので初めは小さいうちに収穫しておくと、株全体が疲れずに長く収穫を楽しむことができます。

水遣りと追肥

ゴーヤーは水を好みます。
プランターで育てる場合は、下から水が流れるまでたっぷりと水遣りをします。

日当たりの良い場所で育てるなら、真夏は朝夕あげるのが理想です。

追肥は、植え付け1ヶ月前後あたりに1回。
その後2週間に1度~1ヶ月に1回ほど、直接苗につかないように少量の肥料をやります。

油かすや固形堆肥などを、株と株の間においておくのもOK。

※基本、ゴーヤーは生長の勢いが旺盛なので、肥えた土であるなら追肥はしなくてもそれなりに育ちます。
実をたくさん採りたいなら追肥も必要。

後は、ツルの誘引などをしっかり行って、成長を見守ればOKです。

実が黄色くなる前に収穫を

ゴーヤーが実りだすと、収穫が追い付かなくなりますよね^^;
そのまま放置してしまう人もいるかもしれません。

でも、実が黄色く熟してしまう前に収穫をしましょう。

熟した状態で放っておくと、株全体を疲れさせてしまう原因になります。
長く収穫するには、なるべく株にストレスを与えないようにしましょう。