春夏植えの野菜の最近のブログ記事

【初心者】スイカ(小玉)を小さなスペースで育てる方法

通常小玉スイカを1株栽培するには、2mX2mほどのスペースが必要になるんですが、この1/4のスペース、1mX1mのスペースでも栽培可能な方法があるんです!
小玉スイカを小さなスペースで育てる方法

それは、最近ではもう珍しくなくなってきたけど、『空中栽培』です♪
小玉スイカを小さなスペースで育てる方法

これなら、レンタル菜園の狭いスペースでもうまく栽培できるかも!ですよね(^∇^)
ここではNHK趣味の園芸「やさいの時間」で紹介された、初心者でも収穫できる!小玉スイカの空中栽培のやり方をまとめたいと思います。

ゴーヤー栽培-小さい実しかならない理由と正しい育て方

去年の原発事故以来、叫ばれている節電。。。
すこしでも家の中を涼しく保とうと、グリーンカーテンが大人気です。
失敗しないグリーカーテン(ゴーヤー)の育て方
中でもたくさん葉がついて、暑さに強く、夏に必要な栄養素が満点なゴーヤーのグリーンカーテンが人気ですよね。
でも、葉が思った以上に茂らない。。。
実がうまく育たない。。。

という方も多いようです。

我が家も去年、葉は茂ったものの、実が小さいまま赤く熟してしまう。。。という状態を繰り返していて、一向に収穫できる気配がないので、8月の終りには見切りをつけて抜きました。。。ゴーヤー好きなので本当にがっかりでした。。。
原因分からずだったので、こんな反省をしてました→ゴーヤーの実が小さい物しか生らない理由は?

小さい実しかならない決定的な理由はまだ見つけれていませんが、NHKのやさいの時間で、ゴーヤー栽培の失敗理由と対処法が紹介されていました!

なんでもゴーヤーの育て方には順番があって、それが大切なのだそうです。

ポイントは2つ!
1:まずは葉をしっかり育ててカーテンを作るべし!
2:それから実を作る!

つまり、始めに付くゴーヤーの実を小さいうちに収穫してしまうこと!
すると栄養が葉に行き、ネットいっぱいに葉を広げます。
十分に葉を育てたら、今度は実を大きく育てて収穫するという技です。

これなら、グリーンカーテンとしても役立ち、そして実も楽しめるらしいのです!

スイートコーン(とうもろこし)の豆知識

夏野菜の植え付け
収穫仕立てのとうもろこしは最高!と去年聞き、
今年は私もとうもろこしを栽培するぞっとどの種にするにかを
選んでいたら、トウモロコシのことを『スイートコーン』と表記されている
とこが多かったんです。

ただ英語で書かれているだけか。。。と思いながら
流していたんだけど、トウモロコシとスイートコーンを区別して
書いてあるところも。

ん?やっぱりトウモロコシとスイートコーンって違いがあるかも??
と思い調べてみたら、なるほど〜解決しました!

ラッカセイは有機栽培が良い!(育て方)

NHK趣味の園芸『やさいの時間』で、
ラッカセイは“有機栽培”ととても相性が良いのだと紹介されていました。
NHK 落花生の育て方
それは、ラッカセイの実の成り方にあります。
ラッカセイを漢字にすると『落花生』と書きます。
ラッカセイはこの漢字通り、
『落花生』花が落ちて実が生まれるんです。

里いもの育て方・栽培方法

我が家では2年ほど前から、月に2回だけ有機野菜の宅配を頼んでいます。

※頼んでいるのは無農薬野菜のミレーです。
無農薬野菜のミレー
無農薬野菜の宅配 ミレー

ここの無農薬の里いもを食べた時、本当に感動しました!
里芋の美味しさがギューッとつまった雑味のない甘さで、
本当に感動し、それ以来無農薬・無化学肥料野菜に目覚め、
もっと野菜本来の味を食べてみたくて、
今では畑をかりて自分で作るようにまでなったほどです^^

なのでもちろん里いもにも今年は挑戦します!
現在(20110408)プランターにて"芽出し"中です。

そんな里芋の育て方を調べてまとめてみました。

ショウガの育て方・栽培方法

ショウガをよく食べるようになってから、
冷え性がかなり改善されてきたように思います。

以来、すっかりショウガ好き(ジンジャラー)なので、
ショウガの自家栽培にも挑戦したいと思います。

このページの先頭へ