秋冬植えの野菜の最近のブログ記事

にんにく栽培ー収穫前と収穫後のポイント

にんにく栽培のコツ
6月に入りました。そろそろにんにくの収穫の季節ですね。
我が家は先日、早めに収穫を終わらせました!

にんにくは8月の末~10月までに植えつけて5~6月に収穫できます。
うちは昨年9月20日に植付けをして、5月30日に収穫しました。

上の写真は、収穫した時の状態です。
まだちょっと早い段階で収穫しました~。

空豆のアブラムシ対策ー実がついたら摘心!

空豆栽培のコツ
今年は4月以降寒さが長引いたからか、空豆の収穫が遅れてました。
5月の中旬から収穫が始まって、先日収穫が終わりました!

今年の我が家の空豆はほとんど世話しなかったので(^∇^;)実のつきはそんなに良くなかったんですが、3回収穫できてたっぷり堪能できましたよ♪(6株栽培しました。)

そしてやっぱり空豆は獲れたては最高ですね!
スーパーで買って来た空豆と違って、嫌な臭みがなくて香りが爽やかで、美味しいんです。
これは育てた者にしか味わえない美味しさだと思います。

そんな空豆くん、収穫間近にやっておいた方が良いことあります。
それは摘心!

玉レタスを育てる方法とポイント

レタスにもいろいろ仲間があるんですね。

代表的なレタスは「玉レタス」
成長とともに丸くなっていく結球タイプのレタスです。
球レタスの栽培・育てるポイント

白菜を種から育てるなら暑いけど今が撒き時!(8月上旬)

白菜を種から育てるなら、植え付けのだいたい3週間前に種まきをします。
暑い暑い夏なので、白菜?!そんな先の話。。。。と思ってしまいがちですが。。。(^∇^;)
今ぐらい(8月上旬)なんです。

でも白菜は虫に食われやすいアブラナ科。
キャベツやブロッコリー、カリフラワーなどと同じなんですが、アブラナ科って本当に虫に食われやすいんですよね。。。うんざりするぐらいに。。。(。-_-。)なのに8月のまだ虫の多い季節に種播きするんですよね・・・

なので、この時期から育て始めるのに大切なことはなんと言っても『害虫対策』です。
早め、早めが大きなポイント!

早めの害虫対策も含めて、ここではNHK趣味の園芸「やさいの時間」で紹介された白菜の育て方をまとめたいと思います(^∇^)
種から白菜の育て方

1~2月でも種まきできる野菜

正月明けの今の時期、畑での作業がほとんどなく
寒くて腰が重くなるのも手伝って、
収穫以外、は畑放置気味になってしまいますよね。

でもうちは貸し農園で借りているので、
この時期がどうしてももったいなぁって感じて仕方がありません^^;

何か植えれるものないのかなぁって思っていたんですが
少し前の"やさいの時間"の録画を見ていると、
トンネルをすれば、寒いこの時期でもニンジンの種まきができるとのこと。
1月に種を撒く にんじんの育て方のポイント

さっそくポイントや注意点をまとめておきたいと思います。

甘くて美味しいソラマメの育て方

ソラマメ、あまり好きでなかった私ですが、
家庭菜園で育てたものを収穫仕立てで頂き、その夜に食べたところ
甘くて美味しくて感動しました!

ソラマメって臭くてキライだったんですが、
収穫したてのものは嫌な臭いがなく、ホクホクとして甘くて美味しいんです♪

来年は自分の畑でも収穫できるようにただ今苗を育て中です^^

そして先日、NHKの趣味の園芸"野菜の時間"で、
『甘くて美味しいソラマメの育て方』が紹介されていたので、
さやえんどう同様、メモ変わりにまとめておきたいと思います。
ソラマメの栽培方法・やさいの時間

さやえんどう(絹さや)の冬に強い苗の育て方

さやえんどう(=絹さや)の冬に強い育て方が
NHKのやさいの時間で少し前にやってたのでメモ変わりにまとめておきます!

寒さに強くなるポイントはポットで苗を育てること!だそうです。
ポットで、8cmの背丈で節間(せっかん)が短くてがっしりした苗を育てて、
間引きせずに植えつけることで、比較的寒さに耐えれて
春にぐぐーんと生長する株に育つのだそうです。
さやえんどうの栽培方法・やさいの時間

小さいタマネギのホームタマネギって何?

タマネギの植えつけ方は3通りあります^^

1:種を購入して苗床で苗を15cm程度まで育てて、畑に植え付ける。
2:苗を購入して、畑に植え付ける。
3:ホームタマネギを植えつける
  (2〜3cm程度の小さなタマネギを植えて育てる方法)

この中で最も初心者向きと言われている栽培は『ホームタマネギ』からの栽培です。
でもホームタマネギって一体なんなんでしょう?
ってことで色々調べてみたことをまとめたいと思います。

今回私が購入した『ホームタマネギ』はこちらです。
家庭菜園 ホームタマネギの育て方

【ホームタマネギ データー】...ユリ科
・収穫まで...通常のタマネギより早く収穫できる
   ●8月〜9月植付け→12月〜1月に収穫
   ●10月上・中旬植付け→3〜4月に収穫

・連作障害...なし
・土壌酸度...中性(pH6.0〜7.0程度)
・病害虫...過湿は"べと病"を引き起こす。
       比較的害虫は少なく心配は要りませんが、
       芽の出始めはネキリムシに注意!

ハクサイの育て方(栽培方法)

白菜(ハクサイ)の育て方をご紹介!

白菜は、8月に種まきをして、9月に植えつけることができます(中間地)

【白菜(はくさい)の種まき・植付け時期】
白菜(はくさい)の種まき・植付け時期

しかし!8月に畑に直播き(畑に直接種を撒くこと)をしてしまうと、
病害虫にやられてしまう率がとても高くなってしまうのです。
なので、種から育てたい!って人は、
育苗してから畑に植え付けることをオススメします。

※育苗(いくびょう)って?
 種子をまいたあと、ある程度生長するまで管理しながら育て、
 その後田畑に移植することである。
 (参考:Weblio辞書〜育苗とは〜

【白菜(はくさい)データー】…アブラナ科
・収穫まで…60〜90日(品種が色々あるのでそれぞれ違う)
・連作障害…あり(2〜3年あけましょう)
・土壌酸度…pH6.0〜6.5
・病害虫…アブラムシ、コナガ、アオムシ、ヨトウムシ、
       根こぶ病、軟腐病(なんぷ)、ウィルス病など

【白菜(はくさい)の栽培のポイント】
ポイント1:初心者は早生種(わせしゅ)を!
       初めて作る場合は、栽培日数の短い“早生種”がオススメ!
       作りやすくて手間がかからないのだそうです^^

ポイント2:適期に植えて、株を大きく育てる!
       玉の大きさは、結球開始時の株の大きさに比例します。
       大株に育てようと思うなら、植え時と追肥のタイミングが重要に!

ポイント3:こまめに害虫を防ごう!
       ハクサイは害虫が多いので、寒冷紗(防虫ネット)を
       しっかりかけて、近づけないようにする工夫が大切!
       株に付着してまった害虫を取り除くことも大切!

ニンジンの育て方 (栽培法)

ニンジンの育て方(栽培法)をご紹介!

【にんじん(人参)】…せり科
・種まきの時期…一般的に3月と7〜8月上旬ごろまで
           (種の種類によっても異なります)
・収穫まで…60〜70日
・連作障害…ほぼ大丈夫
・日照時間…日当たりの良い場所を好みます。
・水やり…芽が出るまでは特に土を乾かさないように注意!
・病気・病害虫…ネコブセンチユウ(ネマトーダ)の害がでやすいので、
 前作の収穫後には土壌消毒しておくほうがよい。
 害虫はアブラムシやシャクトリムシに注意。
 アゲハチョウが卵を産むことも多いので、幼虫を見つけたら駆除しましょう。
・プランター菜園の場合は、ミニニンジンの栽培がオススメ。

ニンジンの育て方(栽培法)をご紹介!

【ニンジンの栽培の特徴とポイント!】
・ニンジンは発芽しにくいのが特徴!
 その代わり、発芽してしまえばその後は簡単に育ちます。
 
・種を撒いてから発芽までは土を乾かさないこと!
 (不織布などで覆ったりして乾燥を防ぐ)

・土に塊があると根に障害がでるのでしっかり耕す。

・肥料好きなので、元肥・追肥はしっかり行う。

【ニンジンの育て方 順序】
1:土づくり
 前作の収穫後には土壌消毒をする。
 酸性土に弱いので、種まきの2週間以上前には
 苦土石灰を1平方メートルあたり2握り撒いておく。
 元肥としでは化成肥料2握りを施して、深くしっかり耕しておくことが大切。

このページの先頭へ