野菜の育て方の最近のブログ記事

にんにく栽培ー収穫前と収穫後のポイント

にんにく栽培のコツ
6月に入りました。そろそろにんにくの収穫の季節ですね。
我が家は先日、早めに収穫を終わらせました!

にんにくは8月の末~10月までに植えつけて5~6月に収穫できます。
うちは昨年9月20日に植付けをして、5月30日に収穫しました。

上の写真は、収穫した時の状態です。
まだちょっと早い段階で収穫しました~。

空豆のアブラムシ対策ー実がついたら摘心!

空豆栽培のコツ
今年は4月以降寒さが長引いたからか、空豆の収穫が遅れてました。
5月の中旬から収穫が始まって、先日収穫が終わりました!

今年の我が家の空豆はほとんど世話しなかったので(^∇^;)実のつきはそんなに良くなかったんですが、3回収穫できてたっぷり堪能できましたよ♪(6株栽培しました。)

そしてやっぱり空豆は獲れたては最高ですね!
スーパーで買って来た空豆と違って、嫌な臭みがなくて香りが爽やかで、美味しいんです。
これは育てた者にしか味わえない美味しさだと思います。

そんな空豆くん、収穫間近にやっておいた方が良いことあります。
それは摘心!

玉レタスを育てる方法とポイント

レタスにもいろいろ仲間があるんですね。

代表的なレタスは「玉レタス」
成長とともに丸くなっていく結球タイプのレタスです。
球レタスの栽培・育てるポイント

白菜を種から育てるなら暑いけど今が撒き時!(8月上旬)

白菜を種から育てるなら、植え付けのだいたい3週間前に種まきをします。
暑い暑い夏なので、白菜?!そんな先の話。。。。と思ってしまいがちですが。。。(^∇^;)
今ぐらい(8月上旬)なんです。

でも白菜は虫に食われやすいアブラナ科。
キャベツやブロッコリー、カリフラワーなどと同じなんですが、アブラナ科って本当に虫に食われやすいんですよね。。。うんざりするぐらいに。。。(。-_-。)なのに8月のまだ虫の多い季節に種播きするんですよね・・・

なので、この時期から育て始めるのに大切なことはなんと言っても『害虫対策』です。
早め、早めが大きなポイント!

早めの害虫対策も含めて、ここではNHK趣味の園芸「やさいの時間」で紹介された白菜の育て方をまとめたいと思います(^∇^)
種から白菜の育て方

【初心者】スイカ(小玉)を小さなスペースで育てる方法

通常小玉スイカを1株栽培するには、2mX2mほどのスペースが必要になるんですが、この1/4のスペース、1mX1mのスペースでも栽培可能な方法があるんです!
小玉スイカを小さなスペースで育てる方法

それは、最近ではもう珍しくなくなってきたけど、『空中栽培』です♪
小玉スイカを小さなスペースで育てる方法

これなら、レンタル菜園の狭いスペースでもうまく栽培できるかも!ですよね(^∇^)
ここではNHK趣味の園芸「やさいの時間」で紹介された、初心者でも収穫できる!小玉スイカの空中栽培のやり方をまとめたいと思います。

ゴーヤー栽培-小さい実しかならない理由と正しい育て方

去年の原発事故以来、叫ばれている節電。。。
すこしでも家の中を涼しく保とうと、グリーンカーテンが大人気です。
失敗しないグリーカーテン(ゴーヤー)の育て方
中でもたくさん葉がついて、暑さに強く、夏に必要な栄養素が満点なゴーヤーのグリーンカーテンが人気ですよね。
でも、葉が思った以上に茂らない。。。
実がうまく育たない。。。

という方も多いようです。

我が家も去年、葉は茂ったものの、実が小さいまま赤く熟してしまう。。。という状態を繰り返していて、一向に収穫できる気配がないので、8月の終りには見切りをつけて抜きました。。。ゴーヤー好きなので本当にがっかりでした。。。
原因分からずだったので、こんな反省をしてました→ゴーヤーの実が小さい物しか生らない理由は?

小さい実しかならない決定的な理由はまだ見つけれていませんが、NHKのやさいの時間で、ゴーヤー栽培の失敗理由と対処法が紹介されていました!

なんでもゴーヤーの育て方には順番があって、それが大切なのだそうです。

ポイントは2つ!
1:まずは葉をしっかり育ててカーテンを作るべし!
2:それから実を作る!

つまり、始めに付くゴーヤーの実を小さいうちに収穫してしまうこと!
すると栄養が葉に行き、ネットいっぱいに葉を広げます。
十分に葉を育てたら、今度は実を大きく育てて収穫するという技です。

これなら、グリーンカーテンとしても役立ち、そして実も楽しめるらしいのです!

1~2月でも種まきできる野菜

正月明けの今の時期、畑での作業がほとんどなく
寒くて腰が重くなるのも手伝って、
収穫以外、は畑放置気味になってしまいますよね。

でもうちは貸し農園で借りているので、
この時期がどうしてももったいなぁって感じて仕方がありません^^;

何か植えれるものないのかなぁって思っていたんですが
少し前の"やさいの時間"の録画を見ていると、
トンネルをすれば、寒いこの時期でもニンジンの種まきができるとのこと。
1月に種を撒く にんじんの育て方のポイント

さっそくポイントや注意点をまとめておきたいと思います。

甘くて美味しいソラマメの育て方

ソラマメ、あまり好きでなかった私ですが、
家庭菜園で育てたものを収穫仕立てで頂き、その夜に食べたところ
甘くて美味しくて感動しました!

ソラマメって臭くてキライだったんですが、
収穫したてのものは嫌な臭いがなく、ホクホクとして甘くて美味しいんです♪

来年は自分の畑でも収穫できるようにただ今苗を育て中です^^

そして先日、NHKの趣味の園芸"野菜の時間"で、
『甘くて美味しいソラマメの育て方』が紹介されていたので、
さやえんどう同様、メモ変わりにまとめておきたいと思います。
ソラマメの栽培方法・やさいの時間

さやえんどう(絹さや)の冬に強い苗の育て方

さやえんどう(=絹さや)の冬に強い育て方が
NHKのやさいの時間で少し前にやってたのでメモ変わりにまとめておきます!

寒さに強くなるポイントはポットで苗を育てること!だそうです。
ポットで、8cmの背丈で節間(せっかん)が短くてがっしりした苗を育てて、
間引きせずに植えつけることで、比較的寒さに耐えれて
春にぐぐーんと生長する株に育つのだそうです。
さやえんどうの栽培方法・やさいの時間

スイートコーン(とうもろこし)の豆知識

夏野菜の植え付け
収穫仕立てのとうもろこしは最高!と去年聞き、
今年は私もとうもろこしを栽培するぞっとどの種にするにかを
選んでいたら、トウモロコシのことを『スイートコーン』と表記されている
とこが多かったんです。

ただ英語で書かれているだけか。。。と思いながら
流していたんだけど、トウモロコシとスイートコーンを区別して
書いてあるところも。

ん?やっぱりトウモロコシとスイートコーンって違いがあるかも??
と思い調べてみたら、なるほど〜解決しました!

野菜の育て方 の過去記事

このページの先頭へ